今日のご飯はなあに

アクセスカウンタ

zoom RSS 福島県産の米の全袋検査

<<   作成日時 : 2012/02/26 13:33   >>

トラックバック 0 / コメント 0

福島県が、平成24年産米の放射性物質のために、全袋検査を計画している。さらに、1袋ごとに、QRコードを利用して、検査情報を表示するのだそうだ。50億の予算を計上している。

手厚い検査と情報開示は、一消費者として望むところであるが、もっとよい方法はないものか、考えてみたい。
福島県の米の生産量は平成23年で35万6千トン。
この量に対して、もし50億で済むのであれば、費用は1.4円/kg。検査はもう何年か続けることになるだろうから、それも考えれば、もっと安いかもしれない。本当にこの50億によって消費者が福島県産の米を避けることをやめることができるのであれば、決して無駄ではない。

ただ、検査の費用は、50億では済まないだろう。この50億の内訳が示されていないが、検査にあたる人や、ベルトコンベア式の設備を設置する場所のコストは、きっと別だろう。
また、玄米を入れた袋を、検査機器のある場所に持ってこなければいけない。これは生産者の負担になるのだろうか。

35万6千トンをすべて1袋30kgの紙袋に入れると、約1200万袋。ものすごい数である。もっと減らせないものだろうか。
同じ田、同じ水で栽培された米であれば、あまりばらつきはないだろう。福島県の水田1筆あたりの面積がどれくらいかはわからないが、仮に30aと仮定し、反収600kgとすれば、20万筆、サンプル20万検体だ。うーん、これでもまだまだ多い。懸念の少ない地域については、同じ水系・同じ土壌・同じ栽培方法なら、1件でよいことにするとか、さらに合理化すべきだろう。カントリーエレベータに集荷され、数百トンという大きさのロットで計測できる場合もあるはずだ。
また、紙袋に入れて集荷した段階で検査するというのも、運ぶためのコストを生んでしまう。全国にある検査機関に検査を委託することも困難になってしまう。

例えばロットごとに1kg程度のサンプルを生産者から集め、検査してはどうだろうか。

仮に20万のサンプルを計測しなければならないとしても、仮に1検体10分、1時間で6検体を計測できたとして、20台をフル回転させれば、3ヶ月程度で(つまり年末までに)全ロットを計測できそうである。
そして、検査結果を生産者に知らせて、その該当するロットの紙袋に、QRコード入りのシールを表示してもらえればよい。農産物検査をするなら、そのときに表示してもよいだろう。
生産者には、ロット(例えば水田)ごとに区分管理してもらう必要が生まれるが、現状でも品種ごとの区分管理をしているので、それほど大きな追加の負担になるとは思わない。それにロット(水田)ごとの区分管理をせずに全袋検査をしたら、高い値が検出された場合に、どの水田に問題があるのかが分からず、翌年の対策に生かせない。

全袋検査ではなく、全ロット検査。いかがだろうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

福島県産の米の全袋検査 今日のご飯はなあに/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる