アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「育児」のブログ記事

みんなの「育児」ブログ


おとうさんといっしょ

2013/01/29 06:24
NHKが4月から「おとうさんといっしょ」を始めるのだそうだ。
http://www.nhk.or.jp/kids/program/otousan.html

「おかあさんといっしょ」を見て育った、今は「おとうさん」の1人として、とても楽しみである。

だいたい、「おかあさんといっしょ」というネーミングは、母親が子どもと一緒にいることが多いことを前提にしており、ずっと前から時代遅れであった。
それに、食事の片づけや出勤準備をする時間帯に放送される「おかあさんといっしょ」は、子どもをテレビの前に置いておき、家事労働や身支度に集中できる、という機能性を持っている。それは、とても重宝するのだが、おかあさんと「いっしょ」じゃない、という矛盾もはらんでいる。

「おとうさんといっしょ」は日曜日の朝や土曜の夕方に放送されるとのことで、それならほんとうに子どもと親が一緒に見ることができそうである。

ネット上では、お父さん受けするキャスティングで話題が盛り上がっているようだが、私は単純に、親子の遊び・楽しみの提案を期待している。
記事へトラックバック / コメント


スキーはなぜ行きたくなるか

2011/02/17 00:00
私はスキー場がたくさんある県で育った。子どものころ、父に連れられて、よくスキーに行った。中学生になってからは、同級生と一緒に板を担いで電車やバスに乗って、スキー場に行ったりもした。

しかし大学に入学した頃から(それは、ちょうどバブル景気で盛り上がっていた時期でもある)、スキーの楽しさがわからなくなり、自分で進んで行きたいとは思わなくなった。寒いし、混んでいるし、足がいたくなるし、お金かかるしエコじゃないし、、、と、むしろネガティブであった。

ところが最近再び、自ら進んでスキーに出かけるようになった。そのきっかけは、去年長男S(8歳)が滑れるようになり、それと同時に、スキーに連れていけと強く要望するようになったからである。では私はいま、子どもにねだられて渋々スキーに行っているのかというと、そうではない。自発的に、いつ、どこのスキー場に行こうかと楽しみにしているのである。でも一人でもいきたいか、と自分に問いかけてみると、ぜんぜん行きたくない。楽しそうではない。

では、私はいったい、何を楽しんでいるんであろうか。以下、思い付くことを書いてみる。
ー子どもが困難を克服し、かつ楽しんでいるのを見るのが嬉しい
ー上記に関連するが、そんな子どもをみていると、昔の自分みたいで懐かしい
ー冬山という別天地にいて、日常から浮遊しているのが楽しい
記事へトラックバック / コメント


イクラとリンゴ

2010/01/07 22:47
「お父さん!」

 朝、クローゼットの前で身支度をしていると、私より少し遅れて朝食を食べ終えたSが、「ぼくはさっき、いたずらをしました、さあ、なにをしたでしょうか!」という種類の笑顔を浮かべてやってきた。そして食卓に視線を移す。
 食卓では、デザートのリンゴと、夕食の残りもののイクラが、両方ともきれい消えている。

私「あれ、イクラ全部食べちゃったの?」
S「うん!リンゴといっしょにたべた!」
私「おいしいのか?」
S「おいしかった!」
左右の手のひらを順番に広げながら、
「お口のなかで、あまいあじと、からいあじが、・・・」
と言ってから、ぱちんと手を叩く。
私「・・・戦ったのか?」
S「うん! ゲキトツした!」

リンゴとイクラ。。。本当においしいのかなあ。
私「まあ世の中にはメロンと生ハムを一緒に食べる料理もあるからなあ」
S「やっぱりね」
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


8たす9は?

2009/11/01 21:23
木曜日から、Sのクラスが新型インフルエンザのために学級閉鎖になった。少しまえから、となりのクラスが学級閉鎖になったので、もう時間の問題であった。

学級閉鎖中ということで、先生が少し多めに宿題を出したようである。それを土曜日と日曜日にやらせる。
Sはいま算数では、繰り上がりの足し算を習っている。

私「では、つぎの問題」
S「8たす9、、、、、、」
私「、、、、。まず9を二つに分けるんでしょ」
S「、、、、、。」
私「8にあと何を足すと10になるんだ?」
S「。。。あっ、そういうことね。2。こたえは12?」
私「ちがうでしょ。9は、2と何に分かれるの?」
S「。。。。」
私「ソーセージが9本ありました。おとうさんが2本食べました。残りは?」
S「7ほん!」
私「まったく、こういうときは答えが早いんだから。で、答えは?」
S「こたえは17?」
私「そう」
S「あ。そういうことね。おとうさん、もう、おしえなくていいよ」
Sはソーセージがどうのこうの、と言いながら計算を続ける。

相手が食べ物であれば、「ソーセージが8本あります。3人で食べたいと思います。どう分けたらいいでしょう」みたいな割り算も、すらすらやるのだが。
学校では、新しい計算を習うときに、「さんすうブロック」という、麻雀牌のようなプラスチックの四角いのを使う。
Sにとっては、この「さんすうブロック」では、モチベーションが沸かないらしい。先日の授業参観では、ほかの子たちが先生に言われたとおりにブロックを机に並べている間、Sは一番前の席に座っているというのに、ブロックで振りゴマをして遊んでいた。まったく。

Sがプリントを完成させて、私に見せる。一つだけ間違えている。
「これ、違うんじゃないか?」
「あ、それは ソーセージで かんがえなかった」
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ダンゴムシと暮らす

2008/07/03 01:12
Sはこの1ヶ月ほど、毎日のように幼稚園でダンゴムシを捕まえて、家に持ち帰ってくる。
それを、5月にはオタマジャクシを飼っていたプラスチックのケースに入れる。
まるで貯金箱のように、Sはダンゴムシを投入し、数が増えてきた。
Sの幼稚園のクラスでは、ダンゴムシ・ブームらしい。

飼う、と言い張る。

私も妻も、もちろんダンゴムシを飼ったことがない。生き物の命に優劣はないのだが、ダンゴムシをかわいがりたいとは、思ったことがなかった。だから、ダンゴムシを飼いたいというSの気持ちに、共感するのは難しかった。
「コンクリート、ちょうだい」
などという。コンクリート?
そのうち1、2匹か息絶えるだろうから、そのときに命の大切さを説明して、逃がしてやろう、と思っていた。

でも、ダンゴムシはなかなかしぶとい。

先日、Sが幼稚園で、クラスの担任のK先生に(美人で、いつもはやさしいK先生に)、叱られる事件があった。Sがダンゴムシを捕まえてから、箱に閉じ込めて放ったらかし、かつ持ち帰るのを忘れてしまったので、K先生が見かねて、ダンゴムシを解放し、「ダンゴムシの命を粗末にしてはいけない」と、いつもよりきつめに叱ったのである。そのせいでSは夜寝るまで、ずっと泣いていたそうだ。Sも悪いが、ダンゴムシくんをちゃんと飼ってあげなかった私も悪かった。

その話を聞いたK先生から聞いた翌朝、私は早起きをして、webでダンゴムシの飼い方を調べた。
餌は、落ち葉と、、、、え、コンクリート?
「だから いったでしょ!」
そしてSと公園に行き、小石や砂や落ち葉を拾って、ケースに入れてあげた。さらに霧吹きで、ときどき水をあげるようにした。
webでは、ダンゴムシが帰化動物であることや、エビやカニの仲間であることを知った。ふうむ。
Sはと言えば、もうケースの中は過密状態だというのに、ますますダンゴムシを捕まえてくるようになった。

そのようにして、うちには今、ダンゴムシ推定100匹のコロニーがある。
寝つけない夜に耳をすますと、ダンゴムシの足おとが聞こえたりする。ちょっと不気味である。

でもまあ、考えてみれば、落ち葉とコンクリート少々を食べ、ケンカもせず、泣きもせず、いじらしい生き物である。
ここ数日、私がダンゴムシに霧吹きで水をあげると、妻が「ダンゴムシのことは、かわいがるのね」と言う。
記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1


Sの絵

2008/06/05 22:59
朝起きると、Sが一人で楽しそうに絵を描いている。
私「何の絵なの?」
S「にんたま がくえん!」

忍たま、大好きなんである。
忍たまが机を並べて授業を受けている様子、、、なんだよね。
私が朝ご飯を作っている間じゅう、一生懸命描いている。絵を描くのに熱中するのは珍しいなあ。
画像

「よーし、できあがり」といって、満足そうにうなずく。
そして私のかばんの中にその絵を入れる。
いいの?
S「かいしゃ の おじちゃんと おねえさんに みせてあげて!」

というわけで、今日の昼休み、お弁当を食べながら絵を職場の諸君に見せて、
「これは忍たまで、忍たまというのは忍者のタマゴという意味で、・・・」
と説明した。

家に帰ってSにそのことを話すと、Sはうれしそうに、
「これは おとうさんの かいしゃ だよ」
と言う。え、そうなの? 忍たまの教室の絵じゃなかったの?
「うん。おとうさんは これ。Yちゃんは これ」
じゃ、こっちの花はなに?
「これは はなまる!」
それはどうもありがとう。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


餃子

2008/02/23 20:00
画像餃子事件以降、餃子を手作りする家庭が増えているらしい。
餃子という料理そのものは、風評被害を逃れているように思われる。
私も、なんだか最近、餃子を食べたくなるのである。

妻Hが午前中餃子の皮を買ってきてくれたものの、昼から出かけてなかなか帰ってこないので、Sと2人で餃子を作ることにする。
実は私は、餃子とかコロッケとかいったような、包んで丸める系統の料理をするのが面倒で、苦手である(食べるのはすきなんだが)。
結婚する前は、全く自分では作らなかった。結婚してからは、餃子そのものは妻Hに任せ、ほかの料理を担当することが多い。だが、今日は、極めて異例なことに、おそらく餃子事件の影響と、妻Hが帰ってこないけれど餃子の皮が存在する、という背景から、餃子を私が作るという意思決定が下されたのである。

ニラやキャベツをざくざく切る。それからひき肉がないので、ブロック肉を細かく切る。この段階から手がかかるんである。
マナ板のうえに餃子の皮をいくつか並べて、そこに餃子の具をのせる。そしてSと2人で、皮のフチに水をつけ、くっつけて成形する。無口で黙々と。20分ぐらいかけて35個。まあ、どう見ても早いとはいえない。それに上手ともいいがたい。

私とは反対に、Sは餃子とかコロッケとかを作るのが好きらしい。彼が作った餃子は写真左上のもの。皮のフチに水をつけて半月形にペタンと張り合わせたあとで、さらにフチに水をつけて折りたたむ。
その形でいいのか、と聞くと、「これでいいの!」と自信満々で言うので、任せる。

最初に用意したブタ肉とニラの具が足りなくなってきたので,冷凍エビを融かしてエビ餃子にする。それでも足りなくなって、納豆を入れてみる。

Sの餃子は、両面焼くことができるので、バリパリ感2倍って感じで、それなりにおいしかった。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


朝食のサイクルメニュー

2008/02/13 08:00
今朝も3人で、朝食の主食争いを繰り広げた。
S「きのうは ごはん だったでしょ。だから きょうは パン!」
H「Sは日本の子どもなの。だからご飯なの」
S「おかあさんだって、パンやラーメン たべること あるでしょ」
H「パンはたまにでいいの。朝はごはん、ごはん、パン、ごはん、ごはん、ごはん、パン、ぐらいがいいの」
S「いやだ。パン、パン、ごはん、パン・・・」
というような母と子のベッドの中の会話で、私は目覚める。
今日は、妻Hが一歩も引かず、がんばってるなあ。

私「Sの気持ちはわかるけど、お父さんとお母さんはご飯食べたいな」
S「おとうさんは まだ ねてて!」
Sはまず、Hを説き伏せて多数派形成をし、私が反論するまえに事を進める作戦だ。
私「Sは、どうしてパンが好きなの?」
S「ごはんは ばらばらに なっちゃうでしょ」
H「おもちにすればいいの?」
S「おもちはちいさいでしょ」
H「のびるじゃない」
S「のびると ほそく なっちゃう。パンは おおきいよ」
H「じゃあ、おにぎりにすればいいじゃない」
S「おにぎりじゃ、つまんない。パンは、いろんな かたちに なるから」
私「ご飯だって、カニさんとか、星型とか、できるよ」
S「いやだ。パンは やわらかい でしょ」
うーん、頑固だ。

私「でも昨日炊いたご飯があるし、パンはいま2枚しかないし、、、」
S「じゃあ、おばあちゃんの うちに いって パン もらってくる!」
と玄関に走るS。
私「今日はご飯だよ!」
S「なんで、なんで・・・。あー(号泣)」
まったく朝から消耗するんだよな。
私「じゃあ明日はパンにするからさ。約束する。でも今日はご飯」
S「あー(号泣)」

こういう頑固さは、私の子どものころにそっくりだ。私はパンについてはあまり好きではなかったが、夕食に麺類やカレーや焼肉をもっと食べたくて、母親に交渉した。
話し合いの末、以下のようなサイクルメニューを決めた。
 月 麺類
 火 鶏肉料理
 水 隔週でカレーまたはシチュー
 木 その他
 金 麺類
 土 隔週で焼肉またはハンバーグ
 日 その他
私が10歳くらいのときに決まって、18歳で親元を離れるまで、このサイクルメニューが維持された。

着替えや身支度をしながら、この話をSにしたら、うるんだ目を輝かせた。そして明日からは、水曜日と土曜日はパンの日、あとはご飯の日ということになった。
ダイニングのカレンダーの水曜日と土曜日の欄に、「ぱん」と書いた。
めでたし、めでたし。明日からは、平和な朝が訪れるであろう。

私「じゃあ、今日はご飯だね」
S「でも、もうパンやいちゃったよ。おとうさんは はやく スープ つくって!」
気づくと、トースターからパンの焼けるいいにおいがして、テーブルの上ではコーンの缶詰が開けられていた。こら。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


心の中の絵本

2008/02/11 21:49
今日は3連休の最終日だ。
連休に入る前の日の朝、Sが腹を下した。元気だったので幼稚園に連れて行き、楽しく1日を過ごしたようなのだが、連休初日の土曜日の朝も、やはり下痢。
医者に見せたところ、「きっとロタとかノロとかでしょう。胃腸を休ませるために、果物と乳製品を控えるように」と言われた。
そういうわけで、おとといと昨日は、あまり外出をせず、家のなかで遊んで過ごした。

今日は私は休日出勤をしたのだが、その間に妻Hが熱を出し、午後から寝込んだ。腹痛もあるという。やれやれ、家庭内感染したかもね。
19:00ごろ帰宅して、中華丼を作ってSと食べる。でもHだけでなく、Sも食欲がなさそう。「たべたくない」と言って、一さじしか食べない。うーん、まだ回復してないのかな。

入浴しているときに、Sが小さな声で打ち明けた。
「あのね、3じのおやつのときね、おかし、いっぱい たべちゃったの」
「そうなの。どんなおやつ?」
「ちょっと あまい やつ。チョコレートの」
「チョコチップ?」
「ううん。イチゴが ついてる やつ。ほら、うえので、さんたさん に もらったやつ」
あ、それはアポロチョコレートのことだな。去年のクリスマスにSと上野動物園に行った帰り道に、学生の集団が現れて、そのうちサンタに扮した青年が、Sを呼びとめ、ゴム風船細工を作ってプレゼントし、おまけにアポロチョコレートをくれたのである。不思議な光景だったが、事情はどうあれ、Sは大喜びした。なつかしいな。

Sは、おやつを一人で食べすぎたのに、私が今日は叱らないと安心して、体を洗いながら、あれこれと話しかけてくる。
「ペンギンさんはさあ、サンタの しいくがかり を こわがって にげたんだよね。シロクマは ジャンプ してたよね」
そうだったっけ。ま、お母さんが病気なのに、一人で留守番してたから、今日は許そう。
「あのとき コーンも たべたんだよね」
コーン? あ、動物園に入る前に、コーンのピザ、食べたっけ。あれ、おいしかったね。また行こうね。(ちなみにここです。 http://www.savoia.jp/savoiaueno.htm )
「おとうさんは ソーセージ たべたよ」
ん? そうだっけ? ピザじゃなかったの?
「うん。こう、ながくて ほそいパンにソーセージが・・・」
ああ。ていうことはホットドッグ食べたのか。そう言われてみると、そうだったかも。

Sくんは、よく覚えてるね。
「Sくんの め にはね、カメラが はいっているの」
おお、きみは食事の様子をフォトコピーしちゃうんだね。
「うん。Sくんの こころの なかには、えほんが いっぱい、(手を大きく広げながら)いーっぱい、はいってるんだよ」
・・・きみは思い出し法の食事調査の回答者にぴったりだねえ。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ひっぱりうどん

2008/02/10 12:20
日曜日の午前中。
一仕事おえたので、うどんでも作ろうかな、と思う。
Sも「おてつだいする」と言う。

画像粉は、先週末近所のスーパーで買ってきた、はくばくの「地粉」。うどんを作るときは、うちではこの商品が定番である。いちばん安定していて、失敗がないような気がする。こねると、なめらかな生地になり、延ばしやすい。
もちろん味もよい。

商品の表示には、100%国内産、を謳っている。本当だろうなあ、と思ってはくばくのwebを見たところ、トレーサビリティ情報のコーナーがある。偉い。でもこの製品については、トレーサビリティ情報が掲載されていなかった。ちょっと残念。
でも、この製品も、国内産だって信じていいんですよね!?
国内の小麦の生産が減っているようだが、この先も国内産小麦粉を供給してほしい。いくらか高くなっても、いいです。800gで240円(確か)。たとえ数十パーセント値上がりしても、1食分を計算すると、すこぶる安いのである。ダシのカツオ節のほうが、たぶん高い。

さて、Sはかなりやる気で、正確に計量した水に、やはり正確に計量した塩を溶かすのを担当する。そしてその塩水を、もちろん正確に計量した粉に撒く。いいねえ。
粉あわせは、さすがに私がやる。少し休ませる。
そして、それをまとめて、厚手のビニール袋に入れて、Sと二人で踏んでこねる。Sは、いかんせん体重が少ないので、あまり戦力にならないんだが、どしんどしんと踏むのは楽しいようだ。私がSをおんぶすると、2人分の体重がかかって、強くこねることができる。
「どしん、どしん。あれ、もう動きません。お客さん、100円いれてくだい」とか言いながら、踏みしめてこねる。

画像少し寝かせて、今度はパスタマシンで延ばす。
以前は、この工程はSが不在のときにやっていた。すぐ手を出すので、邪魔だったのである。
今日は違う。パスタマシンのハンドルを、ぐるぐると回す。結構力が入るのだけれど。
これはすばらしい。まるで、パスタマシンに動力が付いたみたいだ。
さらに、麺のカットのときも、Sがハンドルをまわした。すごい。
そんなこんなで、1時間程度で麺ができあがった。

レシピに山形県の「ひっぱりうどん」というのが書いてあったので、そうしてみた。
その麺をゆで、鍋ごとテーブルの真ん中におく。そして各自、麺を掬って器にもり、濃い目のめんつゆをかけ、好みで大根おろし・ねぎ・ごまなどをのせて食べる。
素朴だけど、温まる。
ほんとうは、鮭缶やサバ缶をのせるんだね。次回やってみよう。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
朝食の主食争い
朝食の主食争い 「きょうは ぱんに しよう ね」 「えー、ご飯がいいよお」 「きのう ごはん だったでしょ。だから きょうは ぱん なの。いい? わかった?」 ・・・というような、朝食の主食をめぐる争いを、Sと毎朝繰り返している。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/26 20:53
食中毒疑惑
先日、子どもSとともに山登りをしていたら、山頂付近で私の腹が下痢を催した。下山して帰宅したら、寒気を感じた。これはおなかにくるタイプの風邪かな、と、そのときは思った。 「おうちに かえったら プラレール やる やくそく だったでしょ。うそついた!」 と抗議するSに反論する元気もなく、夕方からテレビの前で寝込んだ。 Sは、ちょうど子供向け番組が続く時間帯だったので、機嫌よく見ていたが、それがおわると、 「あそぼうよー、ほん よんでよー」と言う。 絵本を1冊読んでみたところ、どんどん息が苦... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/01/17 00:45
「どうして」
「エジソンの母」というドラマ番組を見ていたら、少年が、 「どうして? どうして1+1は2なの?」と先生を問い詰めていた。 子どもの素朴な疑問が、大人たちの常識を覆す様子を描きたいのだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/01/12 01:08
誕生日
誕生日 仕事からの帰宅途中、Sから携帯に電話が入る。 「あのさー、きょうはさー、Sくんの たんじょうび だからさー、けーき、かってきて!」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/23 23:19
買い物と献血
土曜日。久しぶりに家族3人で買い物に出かける。 まず、私の業務用の服(スーツ1着とシャツ3枚)を買う。それからお昼をはさんで、少し早いのだがSの誕生日プレゼントを選ぶ(ラジコンカー)。それから妻Hの新しいノートPCを探す。それからSの靴を買う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/13 20:00
ジャガイモの皮むき
ジャガイモの皮むき 連休3日目の夕方。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/08 22:26
アルプスの少女ハイジ
アルプスの少女ハイジ 今年の夏、Sと私は週末ごとにレンタルビデオ店に通った。ハイジの全52話・13巻のDVDを順々に借りるためである。 Sは、完全にはまったと言ってよい。目覚めたらまず1話、幼稚園から帰ってきたら1話。1週間のレンタル期間中に、繰り返し繰り返し、見る。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/06 20:47
海水浴
海水浴 江ノ島に行く。 お昼を食べてから、水族館の前の砂浜へ。 波打ち際で、走りまわったり、砂の城をつくったり、小さな貝(フジノハナガイ、だそうだ)を集めたりして遊んだ。 風があって少し寒かったけれど、Sはおおはしゃぎであった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/21 23:00
水痘&肉うどん
水痘&肉うどん Sが水痘になった。 土曜日に発症。 医者は「来週いっぱい、お休みすることを覚悟してください」と、マスクごしにニコニコしながら言う。 長期戦だなあ、と思いながら、鶏ガラや牛スジを買ってきて、日曜日にスープを取っておいた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/14 12:40
砂場遊び
砂場遊び 今日も快晴。 昼ごはんを食べてからSと、外で遊ぼう、と相談する。そして、砂場遊び専用のツナギの作業服を着せて、砂場遊び道具とボールを持って、近所の児童公園に行く。 3連休の最終日の午後。公園は結構な混雑ぶりだ。一番多いときで、30人ぐらい遊んでいただろうか。 少年たちがサッカーボールを追いかけて歩き回るたびに、砂ぼこりが舞い上がる。そういえば最近、まとまった雨が降っていない。東京の冬は雨が降らないのが普通だが、今年は特に気温が高いので、よけいに地面が乾くのだろう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/12 21:49
4段重ね弁当箱
4段重ね弁当箱 今日のお昼はスパゲティ。 私が玉ねぎと肉を炒めてミートソースを作っている間に、Sは引き出しから弁当箱を持ち出して楽しそうだ。料理を弁当箱に入れる、というのだ。 冷蔵庫を漁るS。何を探しているの? 「デザート」 デザートは食事の最後でしょ。 「おべんとうばこに いれるの」 ・・・・そうか。まあ、わかったよ。 イチゴを洗ってザルに入れてあげると、Sはうれしそうにイチゴを弁当箱に入れる。 「Sはいっぱい。おとうさんは ちょっとだけ」 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/02/03 23:00
プラレール その2
プラレール その2 今日も1日Sと遊んで過ごした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/21 22:00
2回目の高尾山
2回目の高尾山 Sと2人で楽しむ週末。今日は高尾山に行く。 京王線の先頭の車両に乗って、高尾山口まで行く。先頭の車両には、私たちと同じような、お父さんと男の子、という組み合わせが目立つ。 前回は薬王院まで行ったところでSが歩かなくなり、引き返してきた。今日はなんとかして山頂まで行きたいのだ。 ケーブルリフトを降りて歩き始める。ここで海抜462メートル。 「頂上までいったらアメをあげる」と約束をする。階段で立ち止まってしまっても「頂上までいったらアメ・・・」とささやく。するとSはぐんぐんのぼり、ついに頂上... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/20 22:00
プラレール
プラレール 正月に、6歳ほど年上のイトコから、大量のプラレールを譲り受ける。おばあちゃんがイトコにねだられては買い足してきたものらしい。それがSに回ってきたわけである。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/01/14 23:50
ズーラシア
ズーラシア 今日はズーラシアに行く。 しかしSは、出かけるときにも電車の中でも「たまどうぶつえんに いきたい〜!」と言う。 Sはここ1年間だけで、15回ぐらい多摩動物園に行っている。全然飽きる様子がない。 リピータとはこの人のことである。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/01/13 23:00
となりのトトロ
となりのトトロ Sとレンタルビデオ店に行き、「となりのトトロ」を借りる。そして二人で見る。 この名作、私は今回はじめて見たわけだが、Sは幼稚園の預かり保育で見たことがあるらしい。 夜、電気を消すと、「まっくろくろすけ!」とうれしそうに言うので、どこの方言を誰から教わったのかとおもったのだが、出元はトトロであった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/12/04 23:07
ブロックで作るモノレール
ブロックで作るモノレール 「モノレール作って!」というSの依頼を受けて、作ってみる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/26 23:32
すいとん
すいとん 私は、すいとん団子の生地の中に、みじん切りにした豚肉と玉ねぎを入れる。こうすると、団子がやわらかくなる。小麦粉と水の割合は、量ったことはないが、1:1よりも水が多いように思う。お好み焼の生地よりは少し硬めの、どろどろの状態だ。塩は入れない。ねかさない。こねない。要するにグルテン化はさせない。 水分が多いので、早く煮える。表面がヌメヌメつるつるしていて、のど越しがよい。つゆの味が適度にしみこむ。これがまたよい。うどんのように、うっかりして延びる心配もない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/26 13:00
東京モノレールと飛行機
東京モノレールと飛行機 先週のSに続いて、今週は私も風邪をひいてしまった。2日ほど寝込んだ。 静かに過ごすと決めた週末。しかし家の中で遊んでばかりでもつまらないので、Sと羽田空港に行く。 目的は、Sと東京モノレールに乗ること。それから飛行機を見ること。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/11/25 23:05
皇帝ペンギン
皇帝ペンギン DVDを借りてきて、Sと映画「皇帝ペンギン」を見る。 当然なのだが、舞台は最初から最後まで南極である。とっても寒そう。Sをひざに乗せ、布団に包まりながら見る。 皇帝ペンギンは、子どもを生み育てるために、ずうっと必死なのだ。何ヶ月も何も食べずに、寒い思いをしながら卵を抱きつづけたりする。もう少し楽な生き方はないんだろうかと思う。もっと海に近い繁殖地を見つけるとか、もっと速く歩けるように進化するとか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/11/19 23:20
雪だるまとクリスマスツリー
雪だるまとクリスマスツリー Sが木曜日に熱を出した。1年ぶりくらいだ。39度くらいある。 機嫌は悪くないのだが、さすがに元気がない。 医者に行ったところ、「咽が少し腫れてますね」ということで、薬をもらう。 頓服をのませて寝かせたら、37度くらいまで熱が下がる。 「もう なおった! ブロック、やろう!」ということで、ブロックをして遊ぶ。 「何作ろうか」 「そり! ゆきだるま!」 Sの頭の中は、もう冬の遊びでいっぱいである。 というわけで、「雪だるま」を作る。 私が白いブロックで球体の製作に格闘している間、S... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/11/19 22:01
高尾山
高尾山 最近、週末ごとにSと二人で出かけている。 私鉄に乗って、都心とは反対の方向の終点まで行くのが私たちのブームだ。 今日は京王線。高尾山口で降りる。ケーブルカーに乗ってSは満足。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/11/04 23:00
ひとまねこざる びょういんへいく
ひとまねこざる びょういんへいく 最近、近所の図書室から、続けざまに「ひとまねこざる」シリーズを借りている。 「ひとまねこざる びょういんへいく」も、自分自身が子どものころに読んだ本の一つだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/23 00:19
誕生日
誕生日 Sが4歳になる。 誕生日のプレゼントは、またレゴブロック。 去年のクリスマスに「赤いバケツ」を買ったのが最初。「楽しいどうぶつえん」に次ぎ、3回目である。 「4歳以上」向け商品だけあって、細かいパーツも入っている。だんだん本格的になってきた。 箱をあけて、こんなにたくさんの細かいパーツを使いこなせるんだろうか、と最初は思うが、・・・使えるんだな。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/22 23:27
江ノ島
江ノ島 早起きしたので、Sと二人で電車に乗って、江ノ島に行く。職場の同僚に勧めてもらったのである。 江ノ島は、ウチからだと2時間ちかくかかるのだが、今のSにとっては、往復の電車の中で寝る時間を確保できるので、それくらいの距離がちょうどよい。 この前上野に行った時も、油壺に行ったときも、「こどもの国」に行ったときもそうだった。電車に乗って席に座ると、自ら進んで寝つくのだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/10/21 23:00
ホワイトシチュー
ホワイトシチュー 土曜日。 Sと上野に行く。まず国立科学博物館で恐竜の骨や動物の剥製を見る。 それから動物園に入ってアジアゾウやインドライオンやトラやゴリラを見る。アシカとペンギンが餌をもらうのを見る。 最後に、不忍池にいってボート遊び。ここだけは、子どもというよりは、若い人がたくさんいる。 上野は、博物館と、ホームレスと、絶滅危惧種の動物と、求愛行動に努めるカップルが同居する、不思議な場所だ。それらは、互いに隔離されて生きながらえている。 Sは「きょうは もう たくさん あるいた。だっこ!」と言う。ま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/30 23:00
ひとまねこざる
ひとまねこざる 図書館で「ひとまねこざる」を借りた。 私自身が子どものころ何度も読んだ本。 Sは、毎日大喜びして読んでいる。 これまで読んだほかの本より、主人公に感情移入しているようでもある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/09/11 01:00
キュウリとナスとミョウガの塩もみ
キュウリとナスとミョウガの塩もみ 今年の夏は、例年になく長い。長く感じる。 子どものころは、1年がとても長く感じたけれども、子どもと遊んで過ごす夏休みも、やはり長く感じるようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/08/18 23:40
おひさまパン
おひさまパン 今日帰ってきたのは20時ちょっと前。 おじいちゃん(Hの父)がSの相手をしてくれている。今日は一日、公園に連れて行ってもらったりして、すっかりなついているのだが、昼寝をしなかったのか、Sは不機嫌になっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/03/04 22:20
豚肉のガーリックソテー
豚肉のガーリックソテー 今日は久しぶりに、親子3人で休日を過ごした。 Sは一日、非常によい子であった。朝、久しぶりにおねしょをしたのと、手洗い用のせっけんとトイレットペーパーまるごと2個をトイレの便器に放り込んでしまったのを除けば。シーツを洗って干したり、詰ったトイレを復旧させたりしていると、簡単に10時ぐらいになってしまう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/02/05 23:12
動物図鑑
動物図鑑  家に帰ってきたのは夜10時。  しずかにドアを開けると、ベッドルームから声が聞こえる。  HがSを寝かしつけようと、「こしょうできまり」を朗読している。  Sは「なんで ひこうきに のるんだあ?」「なんでアヒルなんだあ?」と難しい問いを繰り返している。  私が帰ってきたのに気づくとSは「おかえり!こっちにおいでよ!」と大きな声。Hはあきらめたように眠りにつく。Sの枕元には、彼を寝かしつけられなかった絵本の数々が、やはりあきらめたように横たわっている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2006/01/19 07:25
玉ねぎムキムキ!
玉ねぎムキムキ! お昼(ミートソース)を作ろうと思って材料をそろえていたら、Hが掃除機を出して掃除をはじめる。 Sがそれにまとわりついて、「Sもーーーー!」。 掃除機をSに奪われたHは、「ちょっと〜、おとうさ〜ん、Sに『あいう体操』でもさせててよ〜」と言う。 そんなこといったって、『あいう体操』の音より掃除機の方がうるさいんだから、掃除機のほうがSには魅力的に決まっている。 Hが「その玉ねぎ、Sが剥くわよ」と言うので、やらせてみる。 そしたら驚いた。掃除機のことを忘れて、座りこんで剥き始めたではないか... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2005/04/02 17:21
たまごコンコン!
たまごコンコン! Sは卵料理が大好き! 朝ごはんは卵ばかり先に食べてしまう。 私たちが卵料理をするのをずっと見ていて、どうしても卵料理を自分でしたくてたまらなかった。 「やーるーのー!」 おもちゃのフライパンと目玉焼きを握らせて興味をそらせている隙に、朝食を作る私たちだった。 これが2月まで。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2005/04/02 16:56
ざるそば(26日12:00)
ざるそば(26日12:00) 親が蕎麦を送ってきたので、さっそくゆでて食べる。 霧しなそば。 http://www.kirishina.jp/ Sもつるつると食べる。蕎麦としては太めでこしがあるので、食べやすいようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/12/27 23:42
あじの一夜干し(23日、20:00)
あじの一夜干し(23日、20:00) 一夜干しの詰め合わせを頂戴する。 帰宅すると、すでにSがアジを一匹食べ終えるところだった。 焼き魚はSの大好物だよね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/12/23 23:47
つぼ鯛の塩焼き(20日21:30)
つぼ鯛の塩焼き(20日21:30) このブログにつぼ鯛が登場するのは3度目である。 私が帰宅したのは21:00すぎ。Sはベッドの上ではしゃいでいる。「おふろだいすき」の主人公の男の子が、カバくんの体をゴシゴシ洗うときのポーズを気に入って、私にもそれをやれと言う。やれやれ。ちょっと着替えるから待ってよね。 私たちが食事をする間、Sは椅子の上に立ったり座ったりして、はしゃぐ。 食事のあと、Sに何冊か読み聞かせて、最後は「お月さまってどんなあじ?」でトドメをさす。ねずみがお月さまをかじるページで、「とーと、いなーい」と独り言を言... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/12/21 00:06
つぼ鯛のムニエル(6日、21:00)
つぼ鯛のムニエル(6日、21:00) Hがシュンを寝かしつけようと、ベッドで絵本の読み聞かせをする。私は付け合わせのベークドポテトを焼いて待つが、なかなかシュンは寝付かない。それどころか、Hの方が眠くなり、読むのをやめたために、シュンは怒りはじめる。「おひさまパン」を2回読んだのに寝ないのだと言う。やれやれ。 つぼ鯛に小麦粉をつけてムニエルに。つぼ鯛はミッドウェー産。「太平洋」と書かずに、あえてミッドウェーと表示されている。なかなか想像を掻きたてる地名である。大変おいしい。 シュンはすでに食事を終えているので、魚を食べたいとは... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/12/06 22:23
てんぷら、マグロの刺身、しじみのみそ汁(5日19:30)
てんぷら、マグロの刺身、しじみのみそ汁(5日19:30) 私がシュンと風呂に入ったり遊んだりしている間に、Hが夕食を作ってくれる。Hの両親と一緒に食べる。 シュンはしじみが大好き。汁を一口すすって、大きくうなずく。 うちで使っているシジミは冷凍のパック。青森県・小川原湖産。今日は豆味噌にしたのだけれど、ちょっと渋みが引き立ってしまう感じもある。次は米味噌にしよう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/12/06 00:12
ジャージャー麺
ジャージャー麺 シュンが昼寝から覚めるのを待ってお昼を食べる。ジャージャー麺。 今回使った麺は、自然派くらぶ生協で買っている井筒屋・手延べうどん。平打ちなのでジャージャー麺に向いている。2袋半を茹でて5人で食べる。 シュンはフォークで麺を掬い上げて食いつき、そこからはチュルチュルと吸い込む。 食後にりんごとみかんを食べる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/12/06 00:04
ホワイトシチュー続編(28日、1:50)
ホワイトシチュー続編(28日、1:50) 夕食を食べずに寝てしまったシュンが、夜の1:30に目覚める。 少し寝ぼけて不機嫌そうにしていたが、「ご飯食べる?」と聞くと、「うん」と明確な返事をして覚醒する。そして自分から席に着く。 私はシチューとご飯を暖めてシュンに薦める。 私の留守中、Hの母がシュンに、私がどんな乗り物に乗っていったのか、身振り手振りで説明したそうだ。この写真はシュンが理解した飛行機のようす。ぶーん、と言っている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/11/29 00:16
スパゲティのミートソース(31日13:00)
冷凍庫にひき肉があったのでミートソースにする。 シュンは10時半ぐらいから長い昼寝をしていたが、玉ねぎを炒める音で目覚めたようだ。少し寝ぼけていたが、すぐにキッチンにやってきてマンマの催促をはじめる。 シュンはスパゲティをたくさん食べて、りんごと柿を食べ、さらにスパゲティのおかわりをする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/10/31 23:44
ポークソテー(25日21:00)
ポークソテー。 付け合わせのナスを焼いていたら、シュンが目を覚ましてしまった。冷蔵庫をたたいて牛乳を催促する。2杯飲んで、まだ「おかわり!」と言う。これ以上飲ませるわけにはいかないので、本を読むことを提案する。シュンは素直にうなずいて、本を取りに行く。 シュンは「ぶーぶー(の本が)、ないねー」と言いながら探す。一緒に探すが、見つからない。 「ないねー」。どこにいっちゃったんだろうね。くまさんのぶどうパンとはちみつパンのページが、なぜか眠りを誘う、いい本なんだが。 「はらぺこあおむし」を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/10/25 23:11
ブロッコリー(25日、8:00)
シュンはブロッコリーを両手に持って、ソフトクリームのようにペロペロなめ、「いないいないばあ」をして遊ぶ。 本人はすこぶる楽しそうだが、なかなか食事が進まない。それに、ご飯やフォークを投げたりして、いつになく行儀がわるい。叱るのだが「僕はこんなに楽しいのに、どうして怒るのかなあ」みたいな感じて、まったく効果がない。 そういうわけで、今日はいつもより出勤時刻が遅れた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/10/25 22:54
ポトフ(23日、19:30)
牛すね肉を2時間ほど煮込んでから、大切りしたジャガイモ、キャベツ、ニンジン、タマネギを投入してポトフにする。 彼はケーキをたくさん食べて、ポトフには全く手をつけなかった。誕生日だから多めに見てあげよう。明日は食べてね。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/10/25 22:48
シュンのお弁当ごっこ(9日10:00)
今日は台風が来たので、外に遊びにいくことができず、ずっと家で過ごす。 ヤンキース・松井君の活躍を見ている私の後ろで、シュンがお弁当を入れ子のおもちゃにして遊んでいる。さらにお弁当と箸を並べて、保育園での「いただきます」のポーズをしている。 食欲があるみたいなので、りんごを切って二人で食べる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/10/09 23:18
イカとピーマンの炒め物(5日23:30)
帰宅すると、キッチンにイカが3杯転がっている。まな板には切りかけがある。Hが塩辛を作ろうと張り切って解凍した矢先にシュンにベッドへと連れ去られた、と私は推理する。 さすがに刺身で食べる勇気がないので、炒め物を作る。ピーマンとネギを先に炒めておいて、あとであわせる。イカは松笠にし忘れたけれど、歯ごたえがあっておいしい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/10/05 23:38
とんかつ(2日20:00)
とんかつ。大根おろし、シソの葉、ショウガ、そして醤油をかけて食べる。学生のころ通っていた定食屋の定番メニューを真似たもの。 シュンは眠いながらも、まあまあの量を食べる。先週末は唐揚げをモリモリ食べたが、今日のとんかつも好きみたいだ。食べ終わってからHの膝にのぼり、大根おろしを食べたいと言い張る。食べさせたら「からいからい」と苦しむ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/10/02 22:45
だんご汁(2日13:30)
11時少し前に昼寝を始めたシュンが起きたのは13時半。その間にシアトルのイチローくんは3安打を放ち、年間最多安打の偉業を達成した。私はというと、朝食の片づけと、洗濯、お昼の下ごしらえの3安打。 大分土産のだんご汁。今回のは乾麺のタイプ。ツルツル感はあるのだが、ネッチリ、トロリとした感じはない。好みは分かれるであろう。 シュンは、なめこを食べ尽す。ヌメヌメとしたなめこを、指先でつまんで食べる。器用だ。それが終わると、今後は乾椎茸を「かたいかたい」と文句を言いながら食べる。キノコ好きである。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/10/02 22:39
ミートソース・スパゲティ(26日12:30)
今日は小さなお客が2人と大人の客が2人。 先週末の残りのミートソースを使ってもてなし。麺は打つ時間がなかったので、乾麺のフィットチーネを使う。子どもたちは、チーズ削りを奪い合っている。 フィットチーネは、茹で加減が難しいが、今日は上出来。あっという間に食べ終わる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/09/26 23:08
うどん(25日、12:30)
水沢うどん。 大人は大根おろしのぶっかけ。 シュンは煮込みうどん。チュルチュルと食べる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/09/26 22:56
太刀魚の塩焼、ナスのつけもの (18日20:30)
シュンと夕食を食べるのは久しぶりだ。 太刀魚は骨が多い。骨を外してシュンに食べさせる。 シュンは魚のことを「トト」と呼ぶ。父親のことを最近は「トート」というので、ほとんど同じだ。 もっと発音のレパートリーを広げてくれないとね。 本人も混乱していると思う。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2004/09/18 23:04
フレンチトースト、かぼちゃの煮物、卵焼き、ヨーグルト(15日朝食)
今朝のシュンは昨夜ほとんど食べずに寝てしまったせいで、食欲旺盛。 フレンチトーストを、ほぼ1枚分食べてしまう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/09/15 23:40
棒棒鶏、冷や奴(12日夕食)
シュンが午後6時に寝ついたまま起きないので、大人だけ先に食べる。 「新撰組!」を見ながら。新撰組の諸君は、今日も展望なき戦いを続けている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2004/09/14 00:11
お好み焼き
今日はHが休日出勤のため留守。お好み焼きを作って、シュンと二人で食べる。 バアバがシュンに食べさせるのを手伝ってくれる。いつもありがとう。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2004/09/12 13:47

トップへ | みんなの「育児」ブログ

今日のご飯はなあに 育児のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる